スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かる命と病気を売るビジネス

ウェルネスビジネスとは何か?


環境商人的に、ウェルネスビジネスとは何かを定義しておこう。

「ウェルネス」とは、「より良好な健康な状態を手に入れるために積極的に追求する事」を言い、
これを実現するためのサポートするビジネスが、ウェルネスビジネスである。

 この対極にあるのが、「治療」ビジネスであり、20世紀型の対処療法である。

 この「治療」というのは、「ウェルネス」とは違い、後ろ向きのビジネスと言える。

 取り扱うのは、一般的な風邪から悪性腫瘍にいたるまで、病気を持っている人に対し、
「受身的」に提供される製品やサービスであり、病気の症状を治療したり、病気を退治したり
しようとするものである。

 もちろん、医薬業界にどれほどお金をかけても病気が治るわけでもないのだが。
習慣とは恐ろしいもので、何かあると、病院や薬に頼るものである。

 しかし、ウェルネスが取り扱うのは、健康な人(病気にかかっていない人)が対象である。
健康な人が、より健康で生き生きとするため、また老化の影響を遅らせたり、そもそも病気にかかるのを防いだりするために、「積極的」に提供される製品・サービスであり、現在は
富裕層や激務の経営者、スポーツ選手や医療関係者が主なクライアントである。

 貧富の差が健康の差、と言うほど今では差がつき始めているのである。
特に、この傾向はアメリカで顕著になっている。
 日本においては、ウェルネスビジネスの芽が出てはいるが、それは現在「健康食品業界」もしくは「東洋医療(鍼灸・マッサージ・ヨーガなど)」あるいは「フィットネス」などの企業により形成されている程度である。

 しかし、「健康食品」と自称し販売をしている企業は誰にでも簡単に起業でき、
審査基準がゆるいため、現在は玉石混交の状態である。

 怪しげな業界と言えばそれまでだが、やはり消費者の目が肥えていない事に尽きる。
 市場が小さく、まだ訴訟案件も少ない段階では、業界自体が熟していないため、
広告表現もしたい放題であり、広告表現のみならず、健康雑誌と言えでも「体験談だらけ」
で成り立っているのが実情である。

 もちろん、4年前より、りいたずらに消費者を混乱させる表現は禁止されてはいるのだが。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスアイディア
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:中野博
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。