スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細胞から変える若返りビジネス

本物に対する欲望の変遷が産業を創出する

 数年前まで、ウェルネスの製品やサービスの多くは、金持ちだけのものだった。私は仕事を通じてこの種の製品やサービスがあることを知っていたため、金持ちや、有名人の知人たちが、「健康」を維持し手に入れるために、いかに真剣に取り組んでいるかに興味を持ち取材を続けてきた。
 そんな中でわかってきた事だが、彼(女)らのこだわりは「細胞(セル)」レベルにまできていることであった、もちろん、かなりこだわる客層ではあるが。その例として、「細胞療法」を紹介しよう。
 スイスの医学博士ポール・ニーハンス氏は、細胞療法の産みの親として知られ「永遠の命を生きることはできないが、限られた人生にもっと生命を吹き込むことはできる」、と言う言葉を残している。
彼は、若い細胞が老化した細胞にエネルギーを与え、老いた細胞を再活性化することにより、生物学的な細胞老化のサイクルを延ばすことで若さを保てる、ということを発見した。その後彼は、1931年にクリニック・ラプレリーを開設し、細胞療法により数千人の治療を行い、その効果を実証した。
1955年にローマ法王ピウス12世の治療に成功したことにより、この細胞療法は「セルラーセラピー」として,一躍有名になり、多くの国王、大統領、有名人、映画スターの治療をしたほどである。
 このセルラーセラピーは、現在では、アンチエイジングまたは、若返りといった美容の世界では有名となっている。まさに典型的な一部の富裕層の御用達のクリニックであり、ウェルネス企業と言えるであろう。
「欲望は上がるだけで下げる事はできない」と言われるが、まさにその通りで、ある特定の商品であっても、その質のレベルを上げてしまうと、次は他の商品についても質を高めてゆきたくなる欲望に駆られる。
こうして、質の追求がそのまま量を求めることにもつながり、生活全般について、可能なものから質を上げていこうとするのは、人間に備わっている欲望の変遷なのではなかろうか。
身近な例で説明すれば、本物の無垢の木、例えばヒノキの家を建ててしまうと、家具にもやはり、本物を選びたくなるし、インテリア小物にいたるまで徐々にこだわりはエスカレートする。これは、デザインの追及と言う欲望もあるだろうが、自分の意識がより本物志向へ変化して来ていることに起因する。
さらに、このこだわりは横に展開し、食についても、よりこだわるようになり、本物の食材を供給してくれる業者を探し出したり、自ら栽培したりするようになる人が増えているのも、質から量へ、と言う欲望の変遷であろう。こうして、生活全般を本物嗜好に切り替えてゆくことにお金をかけることになるのだ。
もちろん、アプローチの違いはある。健康食にこだわっている人や、本物の家具や陶器にこだわっている人が、家を建てるとき、あるいはリフォームをする時には、本物の自然素材をふんだんに利用したエコハウスやエコリフォームをしている現状を考えれば、どの分野からこだわっていくかの違いこそあれ、本物嗜好の消費者はやがてトータルに本物嗜好の商品やサービスにこだわるものなのである。
現在は、住宅分野、食品分野、フィットネス、カウンセリング、研究組織がバラバラに存在しているため、トータルサービスは消費者自身が研究し、探し求めなければならないが、やがてこれらの産業は、ネットワーク化しながら、「ウェルネスビジネス」として総合生活提案企業(環境・健康重視した)へと発展するであろう。
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美容整形でキレイに

私がしたのは手術というほどのものではなく、俗にいうプチ整形です。整形自体に賛否両論はありますが、私は前よりも人前に出るということに自信がつきました。周りからの評判も良くやってよかったと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:中野博
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。