スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコで若返るがエゴはふける。

・アンチ・エイジングビジネスも注目が集まり始めた


 ウェルネスビジネスと言うのは、積極的に健康になろうとする極めて前向きなビジネスである。

 健康には、身体的、精神的、社会的要素が含まれる事はWHO(世界保健機構)の定義を
読めば明らかである。

 が、多くの人々の関心事は身体的なものではないだろうか?

 特に、購買市場の3割以上が60歳以上になりつつある現在、男女問わず、加齢に伴う
身体の衰えをどう防ぐか、には関心が集まっている。
 
 こうした概念を反映したものが、「アンチ・エイジングビジネス(加齢に伴う身体的な老化を防ぎ、
あるいは遅くさせ、美容にもこだわる人をサポートするビジネス)」である。

 先進国を中心に2005年にはどこも高齢化社会となり、かつ少子化となるため、労働力が衰え、
経済が後退することが目に見えている。

 一方では高度情報化社会が実現し、美容技術や精神療法も進んできている現在において、
高齢者たちの欲望は、「若返り」「自分らしさ」「楽しさ」に向かってきている。

 時事通信によると女性が体の衰えを感じ始める年齢は32歳で2人に1人は体調が悪い、
としている。明治製菓ヘルス・バイオ研究所が首都圏の20歳以上の女性約3600人に行った
アンケート調査で、身も心も疲れている現代女性の実態が浮き彫りになった。

 心や体に衰えを感じるかという質問に対し「よく感じる」が20.8%、「時々感じる」が69.2%で、計90%が「衰え自覚者」。20代で早くも82.7%が衰えを自覚している。

 「衰え」を自覚し始めた年齢を聞いたところ、20代では27.0歳、30代は31.1歳、40代は37.0歳で、平均すると32.3歳。

 日々の体調については「よくない」(4.7%)と「あまりよくない」(41.6%)を合わせ、
全体の約半数が体調悪化を訴えた。「まあよい」が34.7%、「とてもよい」は3.7%にとどまった。

 こうしたデータは最近いろいろなところで発表されているが、いずれも「衰え」「疲れ」を感じている層は低年齢化してきているのだ。これは、次なる産業が起きる前触れと言えば大げさかもしれないが、アンチ・エイジングビジネスにとっては、よい市場環境ではないだろうか。

 そうした意味で、ウェルネスビジネスは多くの人々の悩み事を積極的にサポートするものなのである。

 もちろん、このようなビジネスは以前から存在していたが、一部の富裕層やこだわり層が
人知れずこうしたサポートを受けていたのである。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:中野博
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。