スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商売のネタがざくざく、現場に落ちている。

・アメリカ取材で商売センスが磨かれる。

 環境商人として、商売上参考になる明確な取材テーマを決め、事前に多くの情報を仕入れた後で、集中してアメリカの東海岸(ニューヨーク、ワシントン、ボストンなど)でビジネス関係者らを取材してきた。

 ある程度予想はしていたものの、現実はもっと進んでいた。
アメリカ人のインテリ層や富裕層は、完璧なまでに健康体を手に入れようとする人々が増加しており、成功者の証は健康体である事、と豪語するものも少なくはなかった。

 しかも、そのレベルが単に食品や化粧品や運動などのレベルにとどまらず、メンタルなところにまで及んでいるのだ。

 メンタルヘルスケアとしては、各種セラピーがあるが、実に日本で言うならば、予防のための検査道具なども市販され、病院よりも予防療法的なサービスを行う専門機関を利用しているそうだ。

 もちろん、アメリカには日本のような社会保険などによる医療機関での割引のようなサービス(現実には毎月の社会保険や国民保険の徴収額にて充当するものであるが)はないので、医師にかかる時は莫大な金額が必要となる事も影響はしているが。それにしても、予防医療的な発想は現在の日本でも推進派が増えているため、参考となる。

 さて、ここで予防療法としても数多くの種類があることも伝えておく必要があるだろう。
今回の出展者のうち、およそ5割強が水などのドリンクとサプリメント(栄養補給材)で占められていた。それだけ関心が高く市場性が大きいからであろう。次に、美容関連商品やシャンプーや石鹸類で全体の3割ほどが占められていた。

 残りの2割の中には、とてもユニークな商品やメンタルヘルスケアの商品やサービス類であった。
 あと、驚いた事は、こうした健康をより積極的に促進する上での情報誌が全部で50種類ほど確認できた事である。これらの雑誌には、健康関連の商品の広告が所狭しと掲載されていたところを考えれば、相当な大きな市場に育ってきている事を感じざるを得ない。

 よく、健康は失って初めてありがたさがわかる、と言うが、アメリカ人は人口の7割が肥満と言うデータがあり、それ以外にも数々の病気をもつ国民だと言われる。

 まさに、健康を失ってしまった人たちなのだ。
 あのタバコをよくすっていたアメリカ人が今では先進国の中では、もっともタバコ人口が低いといわれるほど、健康に対する意識レベルは高まっている。

 そして、今日のアメリカ人はマイナス要因を取り除くレベルの健康志向から、もっと積極的に健康なからだとこころを手に入れようと、あたかも競うようにしている現実を知った。

 来週からこのブログで紹介するが、健康を積極的に手に入れ促進するウェルネスの考え方が今、広まりつつあるアメリカ。この大きな流れは、来年には日本に本格的に到来する予感がしてならない。

 社会保険制度、年金問題、60歳以降の労働の問題、そして少子高齢社会の本格到来と、将来に対する不安要素が多い中で、ビジネスとしても個人の防衛作としても、これから始まろうとするウェルネスビジネスの台頭は、発展せざるを得ないほどの環境がそろっている事をあなたにも知っていただきたい。

 まさに、環境商人の出番がぞくぞくなのだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:中野博
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。