スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスが世界でNO1の住みやすい理由は?

今回注目の内容がこれ!

イギリスの人材派遣会社 (Mercer Human Resource Consulting)による、
”世界の住みやすい都市ランキング” -World-wide quality of living survey-

対象都市は、世界215都市。

さて、1位はどこの町でしょう?


 この調査の基準は、大気汚染やゴミ処理レベルなどの衛生面から、

医療施設の質量、気候、天災件数、自然、経済、社会環境、治安、教育、交通、
公共サービス、交通、文化等々。

このような広範囲にわたる項目を得点化したものがランキングされるといったしくみ。

で、2007年の気になるランキング(10位まで)。

   1位  チューリッヒ      (スイス)
   2位  ジュネーブ      (スイス)
   3位  バンクーバー     (カナダ)
   4位  ウィーン        (オーストリア)
   5位  オークランド      (ニュージーランド)
   6位  デュッセルドルフ   (ドイツ)
   7位  フランクフルト     (ドイツ)
   8位  ミュンヘン       (ドイツ)
   9位  ベルン         (スイス)
   9位  シドニー        (オーストラリア)

上位2位がなんとスイスの都市。
これは、十分うなずけます。

気候、治安、衛生面、公共交通機関共に○。
そして何より、都市であるにも関わらず、溢れる自然。緑が多く空が広くて、空気もいい。
ただ、住宅難、と医療費の高さには問題あり。

ここは、結構なマイナスポイントだと思うのだけれど、
プラスで大きくカバーされた結果の2位なんでしょうか。

 私はこれまでスイスには10回以上取材や観光で訪問してきましたが、
やはり自然環境が美しい。
 さらに、あの美しい自然環境を残す為に、スイス人が努力しています。

 やはり、美しいものを残したい!という気持ちが結果、環境にも優しい街づくりを
実現しているようです。

 さて、50位まで見ると、その都市の多くがヨーロッパ、カナダ、オーストラリアであることが、
分かります。

さてさて、我が国日本ですが、トップは東京で35位、次に横浜の38位、神戸40位、
大阪42位だそうです。

あくまでも、都市別ランキングなので、日本の美しい田舎は含まれていません。

 環境を良くするのが仕事である環境商人は、いま、日本中に増えています。
街をきれいにするために 清掃隊も増加中ですし、ゴミを減らす仕組みも増えてきました。

 身近なところから、きれいにする、つまり 環境美化をしてほしいですよね。
 
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスアイディア
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:中野博
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。