スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムマシーンで5年後をみた!

・アメリカに見るウェルネスビジネスの未来
 
 アメリカの多くの場所で見受けられるように、アメリカ人の半分以上は不健康そうに太り過ぎている。それが食事とライフスタイルの直接の結果であることは、かれらの疲れた表情や、体系をみれば明らかである。

 ウェルネス産業こそが未来の1兆ドル市場になると予測しているポール・ゼイン・ピルツァー氏は
自著「How to Make a Fortune in the Next Trillion Dollar Industry」で次のように語っている。

「かれらが自分の体を大切にすることを学ばないかぎり、生活の質がよくなるとは思えなかった。

 なぜ知的な人たちは、すべての分野で人生を改善しようと金と時間をかけるのに、
明らかに最も改善が必要な分野(健康促進)ではそうしないのか? 

 そしてまた、不健康で太り過ぎの人は、自分の人生をコントロールするためには、

何をはじめるべきなのか?

 たいていの人は、まず、アメリカ経済の4分の1を占める1兆ドル(約120兆円)の食品産業と
1兆5000万ドル(約180兆円)の医薬産業について知らなければ、自分の健康をコントロール
することは無理だろう。

 私は、肥満と不健康のおよぼす影響が、外見だけにとどまらないことに気づいた。

 21世紀に入り、アメリカ人たちは人種や性別による差別を、個人の体重や外見に基づいた新しい差別におきかえた。かつては富と肥満が結びついていた。

 しかし、現在のアメリカでは、太っている人々の多くは、経済の底辺にいる人たちであり、「貧しい」と「太った」が同義語になってきている。

 アメリカの人口の61パーセントは過体重で、じつに27パーセントは病的な肥満である。
どちらの比率もわずか5年(1994~1999)で10パーセント増え、肥満にいたっては、
1970年代からほぼ倍増している。

 肥満はいずれ、ガンや心臓病といった重い病気を引き起こす事が多いものである。」(以上原文を翻訳して引用)

 アメリカから始まる大きな波は、やがて日本にも押し寄せる事は今までの経験から察知できる。
自動車、家電、パソコンが今では当然になっているように、アメリカでこのウェルネスビジネスが
本格的にスタートしている今、まさに日本においても産業としても有望視されるのではなかろうか。

 世界的に有名な経済学者がここまで、食と健康そして未来産業としてのウェルネスビジネスを執拗に説明している背景には、物あまり時代、飽食の時代が生んだ数々の病気に対する反省がある。この点においては、現在の日本も同じ道を歩んでいるのではなかろうか?

 なぜならば、かつて成人病と言われた生活習慣病は年々増え続けているし、かつてぜいたく病といわれた糖尿病や痛風患者も日に日に増えて、今では予備軍まで含めて1200万人と発表されているほどだから。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:中野博
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。